オープンソース PCB設計ツール KiCADでLチカ回路,基板を設計してみた

PCBCAD設計 勉強の為に KiCADをmacにインストールしてフルカラーLEDをLチカする基板を作ってみました。
kicad.jpで配布されている KiCadの基本の使い方[PDF] が理解の参考になりました。(感謝
少し触ったことある EAGLE は、ライブラリ作成方法や操作感が難しく辛かったんですが、KiCADはスンナリ覚えられそうです。

インストール方法
OSX版のバイナリは本家では配布されていないので、
下のサイトのdmgファイルを使って環境を作りました。手順などはサイトの通り。

オープンソースのPCBCAD「KiCad」 – なんでも作っちゃう、かも。

試していませんが brew でもインストールできるようです。(上手くインストールできるならこっちの方が楽できそう…)
MacにKiCadをサクッとインストールする

sudo brew install Caskroom/cask/kicad

回路
RGB LED

基板
スクリーンショット 2015-07-01 0.11.24

KiCADでよく使うショートカットキー

  • 移動
    – M キー
  • リファレンス編集
    – U キー
  • 定数 編集
    – V キー
  • ビア
    – 配線中に V キーでビア追加してレイヤー変更

参考
オープンソースのPCBCAD「KiCad」 – なんでも作っちゃう、かも。

MacにKiCadをサクッとインストールする – Hacking My Way

kicad.jp
– チュートリアルや各画面の説明 PDF がわかりやすく凄く参考になります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。